So-net無料ブログ作成
検索選択

<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる口蹄疫(こうていえき)の問題で、農林水産省は、独立行政法人家畜改良センターが育てている宮崎県の種牛の血統を受け継ぐ種牛候補を、宮崎県の要請があれば提供する方針を決めた。対象の牛は、鳥取県内などにある同センターの牧場に8頭おり、うち4頭は約22万頭の子牛の父となったスーパー種牛「安平」の孫。安平は今回の口蹄疫で殺処分の対象となった。

 農水省によると、種牛をつくるには6〜7年かかるとされるが、この候補の提供を受ければ、約2年短縮できるという。【佐藤浩】

【関連ニュース
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り
口蹄疫:「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難
口蹄疫:「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省
口蹄疫:ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」
但馬牛:種牛3頭を移動へ 兵庫

<皇太子さま>「みどりの愛護」つどいに出席 兵庫・三木(毎日新聞)
等身大ガンダム ただいま“建造”中 JR東静岡駅前(産経新聞)
四條畷の女性遺棄事件で身元確認(産経新聞)
元署長、飲酒運転で逮捕=乗用車に追突―栃木県警(時事通信)
「杭打ち方式断念」報道を否定 普天間問題で松野官房副長官(産経新聞)


2010-05-28 13:37  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。